独自システムを導入して作業を効率化しよう

見合ったシステムが無いのなら

業務を効率よくしたいと思っていても既存のシステムではどうしても見合わないという事もあると思います。そんな中無理に導入しても混乱を招いたり捗らなかったりと逆効果を産んでしまう可能性もあるのです。それならばシステムを独自の物を開発して導入するという方法があります。どこにもない自社オリジナルのシステムを導入することで多くの業務を効率よく出来るのならば、導入しない手はないはずです。でもどうやって作ったら良いのでしょう。

自分でシステムを開発できなくても大丈夫

プログラミングの知識もなければ勉強する環境も無いという人でも大丈夫です。そうしたシステムを開発してくれる会社が存在するのです。つまりは顧客からのこうしたいという要望や意見を言えばそれに沿ったシステムを開発してくれるのです。ただ、お金次第になるのでどれだけ便利なシステムを導入してみたくても予算が許さなければいけない部分はあります。それでも自分で一から勉強してシステムを構築するよりは遥かに予算も日数もかからずに済むでしょう。

業務システムが新しいパソコンで動作しない!

以前開発してもらった業務システムが古くなってしまい、新しく導入したパソコンでは動作しないという弊害も出てきます。しかしそれでも大丈夫、独自にシステムを開発し古いシステムを新しいパソコンで動作するよう互換システムを組むといった事も出来てしまうのです。新しい物が必ず良いとも限りませんが、長年使ってきたシステムに愛着があるなど古いシステムであっても新しいパソコンでそのまま使い続けたいという人には大変便利なものとなるでしょう。

会社のイントラのシステムをnotesで構築している企業が多いですが、セキュリティや機能追加で定期的に大幅にnotesのバージョンアップを行うのですが、それに伴い動作しなくなる場合メンテが必要です。