起業を決心し始める前にやるべきことがあります

独立するための目標を持つこと

起業するには明確な将来の目標を持つことが大切です。その目標を実現するためには、何が必要なのかを調査分析をして計画的に準備することが不可欠であるからです。これは、どのような業種に進出し、その中で独自の方法を構築していくのかを語ることが必要になります。更に、事業計画を作成し、第三者に話すことができなければ協力者も作ることができません。一歩踏み出す前に、考えること、やるべきことがあることを認識しておくことです。

培った人間関係を維持すること

独立を進める中で忘れがちなのが人間関係です。事業を進めるには取引関係を構築していく必要があります。しかし、起業をはじめた時には、そのような人的関係はまだありません。少しづつ実績を積み重ねて信頼を獲得していくしかないのです。このときに必要なのが、それまでに培った人間関係です。勤めていた会社や取引先は重要で、退職時にトラブルを起こしてしまうと、せっかくの関係を断ち切ることにもなりかねません。円満退社を心掛けることです。

独立後の生活の変化について話し合うこと

独立にあたっては家族の理解と協力は重要になります。独立後の生活の変化は大きく変わります。家族がいる場合は、経済的な不安が一番大きな問題となるため、具体的な数字で話し合うことが必要です。特に住宅ローンを組んでおれば、ボーナス月の大きな金額は無くなります。スタート時に法人設立をしなければ、健康保険や厚生年金など、これまで会社で自動的に差し引かれていた、生活を守る制度をどうするのかも話し合う必要があるのです。

同じお店でも本部・本社が運営しているの店舗は直営店と呼び、同じお店でも本社とは関係なく店長が経営者として運営しているお店がフランチャイズと呼びます