美容室が苦手な方に!セルフヘアカットのコツとは?

必要な道具をそろえよう

生きている限り髪の毛は伸びてしまい、気が付くとぼさぼさでボリュームがすごい!などという時もありますよね。でも美容室が苦手で気が重い、希望通りにならないので毎回満足できない、などという人もいるでしょう。そのような時は、思い切ってセルフヘアカットしてみるのも1つの方法ですよね。セルフヘアカットで失敗しないコツは、まずは基本的な道具をそろえる事でしょう。長年使った事務用のはさみでは、うまく切れないので、髪切り用のはさみとすきばさみ、男性であればバリカンもあると便利でしょう。

いきなりバッサリは危険!

髪を切る、となると理容店や美容室を使うのが一般的ですよね。しかし、案外セルフヘアカットしている人も多いのですよ。自分でヘアカットしなくても、奥さんが旦那さんのカットをしている家庭も少なくないのです。セルフヘアカットで失敗しないコツは、少しずつ様子を見ながらカットしていく事です。知識も技術もない素人なので、最初からばっさりいってしまうと、どうしたらいいのか困ってしまう事になります。左右のバランスを見ながら、少しずつカットしていけば失敗も少なくなりますよね。

はさみを上手に使いこなそう

セルフヘアカットで失敗しないコツは、はさみを上手に使いこなす事です。つい横にまっすぐカットしたくなってしまいますが、縦にはさみを入れると自然になります。これは前髪を切る時のテクニックとして使われていますよね。また、ボリュームダウンしたい時は、髪を少しとってねじり、すきばさみですいていく方法です。この方法を使うとボリュームダウンだけでなく、自然な仕上がりになるのですよ。最初は失敗してしまうこともありますが、何度もトライすればだんだん慣れてくるでしょう。

ヘアカットの1000円は多くの業者が参入していますが、最近では混雑状況を確認できるサイトもあるので並ばずにカットに行けます。