犯罪と紙一重!プライバシーはどう守るべき?

個人データが流出する!

現代ではパソコンなどの便利な機械に囲まれている時代です。テクノロジーの最先端にあって全ての分野で情報化が進んでいます。情報化社会と呼ばれるのが、まさに私たちの暮らしている世の中だと言えるでしょう。何をするにしても何処へ行っても利便性が高いのは、最新機器のおかげですよね。しかし、最近ではそういった機械から個人のデータが流出してしまうトラブルも多くなってきています。トラブルから回避するためには、プライバシーの管理というものが重要になりますよ。

アドレスの変更も考えよう!

毎日のように使われている電話。現代ではスマホや携帯という呼び名に変わっていますよね。スマホや携帯を持っていれば、人と電話で話す他にもメールでのやり取りもできます。そして普段何気なく使っているスマホから、情報が流出してしまうこともあります。メールアドレスが流出してしまって、迷惑メールや詐欺メールでフォルダがいっぱいになってしまった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。このようなことにならないようにするには、定期的にアドレスを変えたり、ドメイン指定をかけるなどの対処が必要ですね。

大きな犯罪に結びつく可能性!

クレジットカードは非常に便利なカードです。一枚持っていれば買い物の清算にも使えますし、現金の借り入れもできます。落ちているクレジットカードを拾っても、暗証番号が分かりませんから本人以外は使用することはできません。適当に入れた番号が一致するなんていう偶然もあるかもしれませんが、それはまずあり得ないことでしょう。しかし、もしもそのカードの暗証番号を知っていたら、他人のカードと知りつつ無断で使用してしまう衝動に駆られるかもしれません。プライバシーが流出した場合、大きな犯罪に結びつく可能性が高くなると言えるでしょう。

機密文書の正しい取り扱い方とは、同じ社内の人間であっても、権限のない人には絶対に触らせない、渡さない事です。