オリジナルの電気製品!初めのうちは簡単な自作から!

身の回りの電気製品!

毎日の生活では電気製品の活用が欠かせない、そんなライフスタイルが現代人の暮らしですよね。電気ポットがあれば、朝起きた時に飲みたいコーヒーのお湯をわざわざ沸かすこともありませんし、スイッチを押しさえすれば動く便利な電気製品に囲まれているのが、私たちの暮らしと言えるでしょう。電子レンジがあればほんの何十秒かでホカホカのお弁当が用意できるし、部屋の掃除だってクリーナーがあれば楽々終わります。ひとつひとつの電気製品を考えてみると、改めてその便利さが身に染みますよね。

シンプル・イズ・ベスト!

電気製品は非常に便利なものであるということが分れば、そのアイディアにも感動できますよ。複雑な構造をしているものもありますが、単純な仕組みなのにまさにアイディアそのものなんていう電気製品もあります。パソコンのハードディスクを作るなんていうのは、プロの技術者でなければできませんけど、毛玉取り機とかシュレッダーなんかは、モーターさえあれば作ることができます。初めのうちは難易度の高い製品を作るより、簡単にできるアイディア製品を目指してみると良いですよ。シンプル・イズ・ベストなんていう言葉もありますからね。

オリジナルカラーに塗装する!

自作の電気製品の一歩として、電気製品のカラー変更というのはどうでしょうか?電気製品の色って大体決まっているじゃないですか。白や黒色の製品がほとんどだったりしますよね。電気製品は内部の構造を隠すために、美しいデザインの外装カバーやケースが取り付けられています。家庭用のドライバーでも、電気製品の外装カバーを外すことはわけありません。外装カバーを取り外したらマスキングテープで養生して、好きな色のスプレーで塗装してみるなんいうのも自作の一歩と言えるでしょう。

プリント基板設計は自社で設計基盤開発まで作業面から資金面まで大変だったのですが、今は設計図を渡すだけでラインまでアウトソーシング出来たり、設計さえ動作を打ち合わせするだけで作成してもらえる時代です。